home‎ > ‎

ninbai

任意売却とは
任意売却とは、債務整理・借金整理の一種です。
融資を受けている住宅ローンの返済が出来なくなってしまい、担保に取られている不動産を、抵当権者の許可の基、売却をしてローン返済の一部金にする行為のことです。

任意でローンの返済できないマイホームを売却しても、借金は全額返済できるとは限りません。  問題の不動産を任意売却してもローンを完済出来ないケースの方が多いのです。

本来、債務整理は弁護士さんないしは司法書士さんのみが処理できる業務内容です。  ですが、債務者が任意で売却しようとする不動産の場合、お金がなくて売却する不動産の抵当権を外せません。  かと言って、弁護士さんに債務整理をしていただくと、数十万円以上の弁護料がかかってしまいます。  お金を回収する側の債権者は、数十万円もの弁護士報酬は出しませんし、また不動産を売る側の債務者はお金が無いので出せません。  両者の妥協点が媒介手数料のみで動く不動産業者なのです。

任意で不動産を売却した方が良いかもしれない人
・ 住宅ローンの返済が慢性的に滞納気味な人
・ ローン返済の延滞すでに3ヶ月になり、今後も金策に苦労しそうな人
・ ボーナス返済時期にお金のメドが立たない人
・ 金融機関から期限の利益を喪失しますという通知を受け取っている人
・ 代位弁済しましたという通知を受け取ってしまった人
・ 競売という言葉が身近になって来た人

ご夫婦で苦労して手に入れたマイホーム。  そうそう易々とは手放せないという思いは理解できます。  ですが、ローンの返済が出来ない以上、マイホームは失うことになるのです。  ローンを組んで家を買った方の理想は、ローンを返済せずに、家が自分の物になることだとおもいます。  が・・、それはあり得ません。

ローンを返済しないと、お金を貸してくれた金融機関は、競売という方法で強制的にお金の回収にかかってきます。  金融機関にとって、ローンを返済してくれている人はお客様ですが、返済が出来なくなってしまった人は不良債権という金融機関にとっては迷惑なジャンルの人になってしまうのです。

金融機関から紹介される任意売却業者
金融機関から任意売却をするのなら、当社と提携している不動産会社を使って欲しいという強い要望がでます。  金融機関から紹介を受ける業者さんは、あくまでも金融機関の代理人なのです。  任意売却を利用する人の代理人ではないのです。

任意売却を利用する人が独自に選ぶ業者さんと、銀行さんからの業者さんの違いは、貴方の為に働くか否かなのです。  例えば、引越し代にしてもそうです、金融機関は貴方に認める引越し代は1円でも少なくしたいのです。  任売終了後の残ったローンの返済条件にしても、金融機関に有利な条件にしたいのです。  任意売却をするのならば、ネットなどを検索して、ご自分で任意売却の業者さんを選んでください。

1円でも多くお金を残したい
お金が欲しい、お金が欲しいの欲が最優先してしまっていて、冷静な判断が出来なくなってしまっている人が居ます。  冷静に考えれば完全に騙されているって解るようなことにも判断が出来なくなってしまっています。  例えば、『オタクのマンションを貴方の希望する価格で、当社が買取ります。』って不動産業者に言われ、専任媒介契約を交わす。  これって完璧に騙されているでしょう~。  買取るという約束なら、売買契約書です。  そして、その後しばらくして金消契約で、現金が入って来ます。  専任媒介契約書は、売買の媒介(仲介)を依頼しました・依頼されましたという契約です。  余りにも貴方の要求する金額・条件を呑む業者さんはチョット疑ってかかっても良いかも。

競売でも任意売却でもマイホームは失います
任意でマイホームを売却した方が、競売でマイホームを失うよりチョットだけ有利だというだけです。  どちらの方法にしても家は失います。

競売後にしても任売後にしても、返済出来なかった住宅ローンの一部の返済を行わなければなりません。  競売は、債権者から一方的に『月々いくらいくら払ってください。』と言われます。  その額は、返済していた住宅ローン額よりも少々低い位の額になります。  が、任売の場合には、任売業者さんが、月々の返済額を5,000円にして欲しいとか1万円位にして欲しいという交渉をします。

任意売却でマイホームを処分後して、1年後・2年後・3年後・5年後・10年後でも、お金の返済が完了するまで、債権者から返済の通知などが届きます。  貴方が選んだ任意売却業者だと、その業者が存在する限り、無料で相談にのってもらえるとおもいます。

が、競売だと、誰にも相談できません。  相談する場合には、相談料を払って司法書士さんとか弁護士さんにしなければなりません。

競売は孤軍奮闘で戦わなければなりませんが、任売は業者さんが全面に出て戦うことになります。  ご依頼人は業者の陰に隠れていれば良いことになります。

競売と任意売却のメリットとデメリット



SiteTop
・ 内容証明郵便
・ 弁護士費用
・ 内容証明作成料金
・ ホームページの売却
・ 名前は貸すな
・ 譲渡契約書
・ 業務委託契約書
・ 賠償金と自己破産